Link

最新のコメント


Link

■THEY-2nd-

They

当サイトはリンクフリー、およびアンリンクフリーです。
バナーは上のものをご利用下さい。
また、相互リンク絶賛募集中です。


相互リンク様

敬称略

■えれぽじ!

えれぽじ!

■にゃんろぐ

にゃんろぐ!

■洋上のシリウス

洋上のシリウス

■部屋の片隅で…

部屋の片隅で…

Activity

■ニコニコ動画

アクティブ:○
現在の放送回数:295回
最終放送日:2012年12月16日 22:15
コミュニティ:spis

■ゲーム製作

進度:4割程度
シナリオ:完成
大まかなシステム:完成
MAP:6割程度
絵:1割未満
詳細:準備中。

■処理中のエロゲ

本数:1本
作品名:
・キスベル

GameActivity

■BattleField3

アクティブ:△
BF3 Stats

■Alliance of Valiant Arms

アクティブ:○
Name:spis
階級:大尉4
SD:1.56程度
PM:Veresk
AR:Para
SR:PGM、FR

■Sudden Attack

アアクティブ:×
Name:жspisж
階級:少尉3号
KD:51.1%

■PHANTASY STAR ONLINE 2

PSO2_200x40_応援バナー02
アクティブ:△
鯖:フェオ(1鯖)
Name:柚木
職:Fi&Fo or Hu

■Monster Hunter Frontier

モンスターハンター フロンティア オンライン
アクティブ:×
鯖:3鯖
Name:Spis
HR:999
SR:双146

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

SONY WALKMAN NW-Zx1 レビュー(感想)

aaa.jpg

はオーディオオタク――と言っても、非常に限定的且つ俄かであると自覚する言わばオーディオかぶれと言ったところでして。
これについてはこのブログでも何度か話題に挙げている通りなのですが、”限定的”というのも、ポータブル音響に限った話であり、つまり……イヤホンオタクなんですね。ワタクシ。
東京に移り住んでから約半年の内に高級BA型イヤホンを3本も購入し、ポータブルヘットホンアンプとiPod Classicまで買ってしまう始末。
 そんなイヤホン熱が醒め止まぬ内に今回話題に挙げるSHURE SE846と、SONYの新型ウォークマンNW-Zx1を購入……タイトルを見て、「はて……?」と思った方、鋭い。
と言うのもワタクシ、実際ここまでポータブル音響にこだわっているものの、自宅の音響は適当極まりなく、これらをレビューするほど良い耳を持ち合わせていないのです……。
そんな仕様もない理由から今回の記事をレビューとせず、感想としている次第です。



さて、前置きはここまでとして。
早速まずはSonyの新型DAP『NW-Zx1』から。

名称未設定 1 外観は高級感溢れるアルミの打ち出しフレームに、裏面は革を模したラバーグリップ、一見しただけで拘りを伺えるヘッドホンジャックの出力部分。所有欲を満たしてくれるであろうこれらの滲み出る高級感は流石Sonyのフラグシップ機と言ったところか。
いつも思うが外観だけはSonyに敵わない。あくまで個人的な感想だが。
 このZx1、Sonyの型番で言うZ型(NW-Z1000シリーズ)、X型(NW-X1000シリーズ)の両フラッグシップ機の名を冠する最上級機であり、その本気度は確かに垣間見える。
 本機側面はアルミフレームから食み出る様に大小の円ボタンが並んでおり、画面非表示状態でも操作性は抜群。ただし、ボリュームボタンのほうが大きく、基本的に固定の音量で聞いている私にとっては少しばかり不便に感じることもあるものの基本的な質は素晴らしい。
 高音質コンデンサー「OS-CON」のお陰で裏面に特徴的な出っ張りが存在しているが、これは最早本機の一種の特徴と言っても良い。案外邪魔に思えるようで、実際は持ちやすさや取り出しやすさに大いに貢献していると言える。
音楽専用機でしか成り立たない姿を目指すべきであり、(中略)薄さにこだわるのではなく、むしろこの製品が持っているポテンシャルを最大限に引き出す形状を探るべきである。
これはSONY社員のコメントだが、確かにまったくその通りだ。iPodやiPhoneなど、カジュアルな多目的再生機ならばいざ知らず、Walkmanは音楽再生に特化した言わば小さな音響機器だ。そうであるならば、それに合った形状にすべきだ。あえてこの部分を隠さないという手段に出たのは個人的に最善であったと思う。
 そしてもうひとつ、隠すことをしなかったという部分であるミニジャック出力部。前面には円形に盛り上がった大型の出力部分が目立っている。この出力部のお陰か、以前まで所有していたNW-X1060のようなイヤホンを出力部に接続、および接続後に回すなどした場合に発生したノイズが本機ではほぼ発生しないまでになっていることを考えると、これもまた最善の方法であったと言えるだろう。
DSCF3056.jpg 言わずもがな、SONYのWalkmanフラッグシップとしての本機の購入を考えているならばある程度音質に気を配る方が殆どだろう。その場合、見た目のカジュアルさよりも形状には目を瞑ってでも音質を取りたいと言うのが本音のはずだ。だが、本機に至っては見た目も自分のものとしている。これは純粋に評価できるポイントだろう。


SONYのZx1に対する試みと、考えが以下の特設ページにて紹介されている。
http://www.sony.jp/walkman/special/zx1_interview/
Zx1に少しでも興味がある方は見てみるといいかもしれない。


 本来なら、高音質コンデンサー「OS-CON」や、ハイレゾ音源対応のフルデジタルアンプ「S-Master HX」についての知識と補足を入れた上で音質の項目に移るべきなのだろうが、何分私にその知識も補足も出来ないので省略させていただきたい。

 さて、肝心の音質に移ろう。
 一言で表すならば「愉しませてくれる」。箱出しの音は「凄い低音だな」と息巻いてしまったが(勿論良い意味で)、100時間を越えたあたりでフラットな音質に徐々に移りつつある。序盤の低音の出にボワつきや荒さはなく、締まった質のよい低音が思い切り出ていたという印象だったが、それが徐々に鳴りを潜め、若干刺さり気味だった高音も、切れのあると言うべきか、嫌味な音は減り逆に艶が増している。
 全体的な音傾向はドンシャリからやや冷たいイメージへと変わり、低音が気持ち強めではあるが大よそフラットで解像度の高い音を奏でてくれる。
 恐らく価格帯からすると本機の対抗馬として上げられるであろうiriver社Astell&Kern(アステル・アンド・ケルン)100Mk2と比べると、やはりSONYらしさを残そうとしたのか多少の味付けがかすかに残る音つくりがされていることが垣間見える。ただし、耳につく嫌味な音という意味でも、好きな人は本当に好きな尖ったいつものSONYの音、というどちらにも当てはまらないのだが……。AK100Mk2がまったくのフラットで、艶を前面に出す機種であるならば本機は繊細さと元気さを両立した優等生と言った感じだろうか。AK100mk2はどうにも原音忠実になりすぎている嫌いがあるような気がして私個人としてはあまり好きではなかったのだが、本機は味付けしすぎて曲の味を壊すわけではなく、楽しませて聞かせてくれる程度に収めているあたり好感が持てた。 
 現在試聴にはSHURE SE846を使用しているが、音量はメモリ半分でも大きいと感じるほどの馬力はある。X1060と比べると7割メモリでちょうど本機の半分程度か。ただし、AKG K712Proや、SENNHEISER HD650などのクラスのヘッドホンを鳴らすことは流石に不可能だった。素直にPHPA(ポータブルヘッドホンアンプ)を咬ませるしかないだろう。
 残念ながらSONYが満を持して発表した新機能、DSEE-HXは低ビットレート音源の場合は確かに違いを感じることが出来るものの、私がZx1に入れる曲のほぼすべてがWav形式もしくはFLAC形式、そしてHiRes音源なのでこの機能についてさほど感銘を受けなかったと言うのが素直な感想だ。確かに効果はあるのかもしれないが、もともと低音質の音源を補完しそれなりの音質を再現するという機能なために私の環境ではあまり効果は実感できなかった。
 
 音質については想像よりもかなり質がよく、満足のいく出来であったと言える。
よくもまあ7万クラスでここまでの音を出してきたな、とSONYの技術がまだまだ向上していくであろうことが見れただけでも嬉しい。
 ただし、あくまでこれ単体で運用することが前提とされているような作りで、PHPAを咬ませるとZx1のよさを殆ど殺してしまうため、拡張性は乏しいかもしれない。同SONY社製のハイレゾ対応PHPAであるPHA-2ですらも、たいした意味を持たない事を見る限り、PHPAで音を変えるのが楽しみだ、という方には残念ながらお勧めすることは出来ないが、単体での音質はかなりの物だ。
……個人的には、これにPHPAを咬ませるなどナンセンスだと思うのだ(笑

Screenshot_2012-12-22-01-48-03.png さて、次は各種さまざまな項目に移ろう。
 こちらが本体の再生画面だ。
 実質画面解像度は480*854と、それなり。ただし、それ以上の精密さで描写されているように見えるため、非常に美麗であると言える。ただし、注意しなければならないのはアルバムのアートワーク等がダウンロード購入した曲であったりすると画像の解像度が低く、荒く表示されてしまう。この点は自分の工夫次第でどうにでもなるので、Zx1の評価としてはマイナスを付けるまでもないのだが……解像度が低いXシリーズを使用していた経歴から、そのまま曲を移行したときなんとも残念な状態になってしまったのであくまで同じ過ちを繰り返さないための注意書きと言うことで。
 以前まで(Xシリーズ)は曲の再生設定の項目を選んでからでないと、リピート再生すらまともに選べなかったUIも、画面の大型化によって曲選択画面ですべて完結できるようになっている点も嬉しいところだ。ただしこれらの特徴はZx1だけのものと言うわけではなく、FシリーズやZシリーズも同様であったようだ。(私が知らないだけで)

 勿論本機はAndroid搭載型のWalkmanなので、画面はタッチパネルになっている。
 流石にタッチパネルの反応などはAPPLE社のそれらには敵わないが、かなりのレベルにまで達しているといっても過言ではない。ただし、曲再生中や、ソフトを多重起動した際には結構操作にもたつきを感じることがある。
 とは言えあくまで音楽再生機器として特化している本機にとってAndroidの多様な機能は蛇足であると私は思わざるを得ない。これ単機で携帯電話の機能を使えるのであれば別だがそうではないのだ。あくまで比べる対象をiPodなどではなく小型音響機器として評価するのであれば、対抗馬であるriver社Astell&Kern(アステル・アンド・ケルン)100Mk2や、同社AK120、iBasso社HDP-R10などに比べれば格段に操作性は上であると述べておきたい。

 ここまでベタ褒めの私だが、本機にも一応弱点が存在する。
それはバッテリー持ちの悪さと、転送する際のソフトウェアだ。
 まずはバッテリーについてだが、使用方法にもよるのは言わずもがなではあるが、音楽メインでも10時間は持たない。
更にAndroidのアプリなどを使用した場合5時間が関の山となってしまう。人によってはこの時間を短いとは感じないかもしれないが、充電無しで数日使えたX1060に比べても少ないと感じてしまう。こまめな充電が必要な点、本機の機能を最大限に使うには気を使う必要がある。
 そして転送ソフトの使い勝手の悪さが、本機の一番のネックだと私は考えている……。
と言うのも、そもそもSONYは悪名高いX-アプリを更に悪い方向に発展させたようなMedia Goを推奨しているのだ。その面倒さは容易に想像できるだろう。ただし、これと同時にZx1はファイルのD&D(ドラッグ&ドロップ)での転送も可能としている。また、MACからでもiTunesを使えば転送することが可能とあり、転送方法は限定していない。
 とは言え、だ。ただでさえ使い勝手の悪いX-アプリやMediaGoはさて置き、iTunesですら万能なソフトとは言えない上SONYの純正ソフトではないことを考えるとZx1のすべての機能を使えるかは不安なところだ。最早我々に残された手段は結局D&Dだけとなってしまう。人によってはこれが一番楽だというかもしれないが、曲を管理する際には不便な点も少なくない。
いい加減SONYはソフトウェア周りを整備するべきではないかと再確認させられてしまう事となったのではないだろうか。


 Zx1に対する評価は、実際購入前よりも良かったといえる出来だった。
元来、Walkmanというものは日本が誇るポータブルプレイヤーの代名詞としてその名を轟かせていた機種だ。しかし、apple社の参入や、諸外国のオーディオメーカーの技術力向上によってその地位は危ぶまれてきた。
 そんな中SONYが投入した新鋭、Zx1。本機の存在は更なるポータブルオーディオ界の向上に一役買う、代名詞としての役割を担えるだけのポテンシャルを持っていると断言できる。

 そんな臭いコメントで本機のレビューを締めさせていただく(笑

スポンサーサイト

2013/12/22 02:14 | PC/パーツ機器COMMENTTRACKBACK  TOP

Wacom Cintiq13HD レビュー

久しぶりです。
猛暑が続いた夏もすっかり影を潜め、寒い日が目立ち始めた11月このごろ。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕は一昨日風邪を引きそうになりましたが、何とか耐え抜きました。
……何それ。



早速お知らせを二つほど。
まずひとつは、製作中のRPG『ディストピア』についてですが、現在製作を中断しております。
これは、システム面を担当していたGareant氏が仕事の都合により時間が取れなくなってしまったことに起因しています。
とは言え、製作が全面的にストップ、もしくは断念したわけではないということだけはお伝えしておきます。
もうひとつは、コミックマーケットC85に当選した、というものでして……。
実はこれ、「艦これ」こと「艦隊これくしょん」ジャンルで登録しているため、ディストピアについて手出しできない状況を悪化させている要因だったします。
何はともあれ――今後もディストピアについてはゆっくりと制作を続けていくということと、C85はよろしくお願いします。この二つのお知らせをさせて頂きまして、肝心のレビューへ。
尚、C85の情報については詳しいことが決まり次第、追ってお知らせします。



DSCF0630.jpg
を描くにあたり、紙を見て描くということは当たり前でいて、尚且つとても大事なこと。
しかしデジタル化が進んだ現代のイラストレーターの主な絵描き道具はペンタブレット、通称ペンタブと呼ばれる板状のデバイスだ。
これに直接デジタルペンを走らせ、その軌跡をトレースしPCディスプレイに写しだす事でデジタルイラストを描くことを容易にすると言うもの。
だが、ここで問題になるのは「手元で直接描画線を追うことができない」と言う点だ。実はこれは慣れで何とかなったりするのだが、慣れるまでは相当な時間を要する場合もある。
さらに言えば、効率は多少なりとも落ちるものなのだ。

 これを解決するものとして挙げられる手段は二つ。
紙に書いてからこれをスキャンして取り込むと言う方法。
これは現状一般的な方法として知られており、恐らく一番普及している方法だろう。
比較的安価で手が出しやすく直接紙に描くことが出来るため、絵の感性を遺憾なく発揮でき、本気で描きたいというのであればベストな選択と言える。ただし、スキャンした線画のゴミ取りや、加工など、越えなけらばならない課題も少なくない。

そしてもうひとつが――

この液タブこと、液晶タブレットである。
画像の液タブは13インチのディスプレイにペンタブ同様の機能を追加した『Cintiq 13HD』。
これによって、手元を見ながらデジタル絵を描くことが出来る。
さらに、デジタル処理された線画を描けるので加工が楽であるのと同時に、ソフトウェアの恩恵を最大限に受けられると言うメリットも存在する。(例として手振れ補正等)

DSCF0632.jpg 今回レビューするのはWacom製『Cintiq 13HD』。
購入してまず驚くのが、その梱包のコンパクトさ。一様に無駄に過剰な梱包が行われがちな精密機械系の製品において、このサイズは驚いた。それもそのはず、以前まで使用していたIntuos4の箱とサイズ的にそこまで大きな差は無かったからだ。
それにしても黒を基調としたデザインはどこか高級感を感じさせ、所有欲を満たしてくれる秀逸な梱包だ。
内容物は画像の通り。画像左の銀色の板はCintiq13HDを立てるために使う、いわばイーゼルだ。これについては後述する。
 店頭などで現物を見てきたとは言え、かなり小柄な印象を与える本機。しかし、いざセットして稼動させてみるとそんな不安も吹っ飛んだ。
13インチの液晶ディスプレイを搭載し、1920*1080という脅威の解像度を実現した液晶タブレットでありながらも、
タブレット性能はIntuos4と同等であり、十分なほどの感度と描画性能を持っている。私が使うにはオーバースペックだろう……(笑

 大きさは、幅x高さx奥行き 375mmx14mmx248mmと前述の通りコンパクトなデザインだ。重さも1.6kgと非常に軽量。個人的に薄さが扱いやすさに寄与しているように思える。
ただし、実質描画面はそこまで大きくなく、左右上下の非描画面部分はそれなりにある。各2cm程度あり、これまた想像以上に描画面は小さい。ただし、描画に困るほど小さいわけではないと思うので許容範囲。13インチで満足しないのであれば、22インチにすればいい。
 通常使用時では左側にホットキーが存在するため、この部分はさらに非描画可能部分が広い。
このホットキー、前機種には存在したスライドパッドが当機種には無いことは述べておかなければならないだろう。
絵を描くに当たってズームやペン先の大きさを変えたりする際に便利なのだが、なぜか廃されている点注意していただきたい。
私が以前から使用していたIntuos4には円形のスライドパッドが存在していたのだが、あまり使うことはなかったため不便を感じたことは無いが、人によっては気になるポイントだろう。

DSCF3037.jpgこちらがそのホットキー。
数も少なくなった上、ユニバーサルデザインゆえに機能性もそこまで良くは無い。
恐らく購入者のほとんどは設定を変更することになるだろう。初期配置ではまるで使える要素は無い。
各言う私も誤爆を防ぐために全機能を停止させている。
配線を気にして右側にホットキーを持っていくようにセットしてしまうと、どうしても誤爆が多くなってしまい、復帰に手間取ってしまう。
最早役割のほとんどをキーボードで割り振ってしまっているのでどうにも需要が見えないのは事実。
つけるならそれなりの数を付け、少ないなら無い方がスッキリして良いのではないのか?と思ってしまわないでもない。
だがあくまでこれは私の環境下での話なので、これに使い道を見出すのはもしかしたらそう難しくは無いのかもしれない。(Ctrl+Zとか?)


 次は各スペックに移ろう。
 Wacomが提示する基本スペックでは視野角が上下左右共に178度となっている。
しかし、実際そこまであるようには思えないのは残念なところだ。あって140~150度といったところか?
申し訳ないがどの程度のものかお伝えする手段も知識も無いため、これについて言及することは出来ない点、お詫びしたい。
 最大輝度が250カンデラ、コントラストは700:1。反応速度は25msと、お世辞にも良いとは言えない。反応速度が必須なものではないが、多少なりとも描画の遅さは感じる。
輝度、コントラストについては一概に高いほうが良いとは言えないし、高輝度でありすぎれば眼球疲労につながる。あえてそこまで高くしていないところから、その辺の配慮は見える。
ただし、個人的にはやはり少し暗く感じてならない。高いコントラストであるなら輝度を下げることでこれに対処できるが、元から低いのでは上げようもない。――これを設定出来るシステムは搭載されていないので何ともいえないが。

DSCF0635.jpg インターフェイスはHDMIのみ。
変換機を噛ませれば様々なポートに対応できるのかもしれないが、古いタイプのPCのオンボードではHDMIが搭載されていない可能性もあるため、注意が必要だ。また、ビデオカードを搭載しているPCにおいてもこれは言えるので、事前に出力用のHDMIポートが存在していることを確認しておくべきだろう。
 また、このHDMIケーブルは三又になっており、USBケーブル、電源ケーブル、HDMIケーブルに別れ、一本に纏まった後にCintiq13HD側へと繋げることになる。当然、ケーブルの太さは相当なものとなるため、多少なりとも扱いにくさは感じることだろう。
さらにこのケーブル周りで一番厄介なのが、本体への接続部分だ。画像右側の一本がそれに当たる。
この接続部分、ケーブルが硬いのは元より、根元が非常に華奢なつくりでどうにも不安になる。少しでもケーブルにストレスがかかっていると根元から折れそうになったりもするのだ。
私はこれが不安で仕方が無い。ともかく、何とかこれを処理しない限り絵を描くことに集中できない。

DSCF0636.jpg 
 現状の作業環境がこちらだ。
本体がコンパクトに収まっているのに対して、ケーブル類、イーゼルが邪魔で結果的に作業範囲が狭まってしまっているのが残念でならない。
 しかしこれは前機種にもいえる事で、一貫してこのようなデザインにしているあたりそもそも本機の後ろにキーボードを置く使用方法については考えていない可能性すらある。
広目の机を使って作業してください、ということなのだろう。少なくとも我が家では満足な作業環境の構築は不可能だった。

DSCF3039.jpgこちらがCintiq13HDのイーゼル部分だ。
実にシンプルなつくりだが、逆に言えば簡素すぎてどうにも不安になる。
しっかりと固定できていないと、何かの拍子に倒れてしまうことがある。これは自分の注意で対処できる気はするが、
更に三段階にしか調整できない上、立てれば立てるほど背面の支えが横に広がるのでその空間が実質使用不可能となる。
そのため、Cintiq13HDよりも前に作業スペースを持ってくる必要がある点は前述の通りだ。
私はキャンバスを立てて描くという習慣は無かったので、この部分については無用となってしまった。
ただ、立てて描く事によって筆先の微妙な調整と、身体への負担を軽減することが出来ること、後は何度も繰り返しで申し訳ないがこれに慣れれば更なる画力の向上に繋がるかも知れない。
そう考えれば尚更利用しない手は無いのだが……どうにもこのデザインには納得がいかないのも確か。


次は液タブにおいて最も気になるポイントである視差についてだ。
結果的に言えば『気になると言えば気になるが、そこまで問題にならない』程度に収まっている。
というのも前機種まではかなりの視差があり、人によってはかなりの使いにくさがあったと言うことだったが、本機にいたってはそれなりに使えるところまで煮詰めてきていると純粋に評価できる。
残念ながら前機種を所持していないので比較することは出来ない。
DSCF3036.jpg目測でおよそ2mmくらいはあるだろうか。確かに視差は存在するが、それが線画に大きく響くことはほとんど無い。
慣れでどうとでもなると言ってしまえばそれまでだが、店頭で一目見ただけで視差が酷いと判ってしまった今までより遥かに縮めてきたことは確かだ。
流石に髪の毛や皺など細かい部分を描画する際には拡大を多用することになってしまうが、個人的には及第点と言ったところ。


最後はシステム面。
これは同社のIntuos4の設定も同一画面から行えることから、恐らく共通の物を使っていると思われる。
……残念ながら、この説明だけでこのソフトについての評価が理解できてしまった読者も居ることだろう。
Intuos時代からあった、タブレットを認識しなくなるバグは、Cintiq13HDにもまた存在するのだ。
このバグがこのドライバソフトからなるものなのかは定かではないが、どうにも進歩が見られない点である。
ちなみにこのバグ、ドライバの再インストールまで行う必要があり、とっさに絵を描きたいときに非常に厄介な問題となる。
更にこの13HD、PCに接続後電源を入れる必要があり、「入」の状態でやっと画面が映り出される。そして、「入」の状態でケーブルを抜くと故障の原因となる、とまで説明されている。まあこれは至極当然といえは当然のことなのだが、ケーブルの取り回しの悪さと、前述のバグも相まってタブレットが反応しなくなったときの恐怖感は尋常ではない。
長らくこのバグを引きずっている訳だが、そろそろ解決してもいいのではないだろうか……?と思わなくも無い。
ちなみに私は4度ほどこの現象が発現し、うんざりしてしまった。
設定項目や調整など、コンフィグ類についてのマイナスは無いものの根本的なところで大きな欠陥があるため、全体的な完成度はいまいちになっているような気さえしてしまう。


ポテンシャル自体は総じて高く纏められているものの、ソフト面に加えて細かい部分に問題点を残しているため、その評価を一定以上に持ち上げられていない、そんな印象を受けた本機。
現在、OSを搭載した後継機も発売され、大分値段も下がっている。
13インチという大きさに問題を感じず、今までのワコム製ペンタブレットにおけるバグに目を瞑れるのであれば、液晶タブレットの入門機としてはベストバイの一機といえるだろう。

2013/11/20 01:38 | PC/パーツ機器COMMENTTRACKBACK  TOP

ASUS ROG Xonar Phoebus サウンドカード レビュー

DSCF0623.jpg


ウンドカードなんか不要。』 
マザーボードの高性能化で衰退していく市場のひとつ、サウンドカード。
以前はオンボードで音なんて聞けたもんじゃない、とPCゲーマーたちはオンボードサウンドを嫌ったものだが、いまやオンボードでもそれなりの音を出力してくれる時代。
徐々にサウンドカードを搭載するプレイヤーも減っていき、現在ではほとんどのゲーマーPCですらサウンドカードを搭載していない。

しかし、だ。
出所もよくわからない3、4000円程度のサウンドカードなら兎も角、名の知れたサウンドカードであればその差は歴然。オンボードなど戻れるわけもない音を奏でてくれることはいうまでもない。

というわけで、今回はサウンドカード導入までの一部始終と、ROG Xonar Phoebusのレビューをしていきたいと思う。



さて、読者の皆様はサウンドカードについてどこまでご存知だろうか。
恐らく大半のPCユーザーは敷居の高いもの、と理解されているのが現状だと思われる。
対して、USBサウンドカードなるものが最近では台頭しはじめているのはある程度音響にこだわりのある方ならご存知のことかと思う。
サウンドカードとUSBサウンドカードは名前こそ似ているが、そのあり方はかなり異なっている。
USBサウンドカードと聞けば誰もが、USB接続で簡単に良い音が聞けるんだろうな、と予測がつくものだ。実際、USBで接続し簡単な手順で導入でき、それなりの効果を挙げてくれる。

ではサウンドカードはどうか?
サウンドカードと呼ばれるこれらは『PCI-Express』接続が基本となっている。
PCI-Eと聞くと、恐らく多くの方がグラフィックボードが挿さっている奴、位の認識だろう。もしかすると初耳、という方もいるかもしれない。
ここで敷居が高いと思われている所以は、PCケースを空け、マザーボードに挿し込まなければならない、という制約から来るものだろう。
つまり、サウンドカード衰退にはマザーボードの高性能化は元より、導入にはそれなりの知識とそもそもPCが対応しているか、というネックを抱えていることが大きな要因だろう。

さて、勿論今回紹介するのは純粋なる『サウンドカード』。
私もこんな大口をたたいて説明しているが、購入時にはPCI-E x1ポートがあれば接続できるんだろ?程度の認識しかなかった点、お断りしておきたい。
なぜならここから導入の一部始終をご紹介するわけだが、その作業は失敗の連続だったからだ……(笑


ではまず最初に。
先ほども説明したとおり、サウンドカード導入には基本的に「『PCI-Express x1』ポートがマザーボードに搭載されていて、尚且つそのポートに何も挿さって居らず、利用できる状態」が条件となる。
下の画像を見てほしい。
DSCF0604.jpg画像上部にでっかく陣取っているのがnVIDIAのグラフィックボードGeForce GTX TITANだ。その下にある黒いポートが『PCI-Express x1』。
……TITANが邪魔で挿せないじゃないか!?!?
カタログ上では確かに『PCI-Express x1』x1空き、と明記されている。
「まあ……空いてますけど、塞がれてますねェ(白目」
これでは折角購入したPhoebusが使えない。





早速ネットで解決策を調べてみる。すると、PCI-Expressについてこんな記述が。
「カードエッジコネクタがx16形状でもx1モードで(規格上は)動作可能であり、またスロット形状がx16用だからといってx16配線である必要は無く、上記の相互接続の問題はあれ、上位の(すなわち長い)スロットに下位の(すなわち短い)カードエッジコネクタを挿す事は容易である。」
つまりだ、PCI-Express x16ポートにPCI-Express x1を挿すことでも導入は出来るということになる。
PCI-Expressについての説明はこちらを参考にしていただき、ここでは説明を割愛させていただく。
再び画像を見てほしい。
PCI-Express x1の下にある青いレーンがPCI-Express x16だ。どうやら場所的にもPhoebusを導入できるスペースが確保できそうだ。
これならいける、と判断した私は次のステップへ。

そう。次のステップ。
もう挿すだけじゃないか、と思われた方。甘い……実に甘い。
勿論、このPhoebus以外のサウンドカードであればこれにて完了、といったところなのだが、このカードがそれらとは一線を画している理由はここから先にある。

補助電源としてPCI Express 6Pinを必要とする。

なんて化け物だ……。と思わず呟いた私がいた。
PCI-Eポートは基本的には電源供給も出来るため、サウンドカードの大多数はPCI-Eポートから電源を取っている。
しかし、ASUSはその電源供給がノイズの源だ!と血迷ったのか(?)電源から直接供給を選んだ。(性能のために電源供給を別にしたわけではないらしい)
まあそれが導入の足枷になっているのは言わずもがな……。

新PC 本体編でもお話しした通り私のPC内部、特に電源周りは配線がキッチリ纏められており、指一本入る隙間もない状態になっている。
それなのにグラフィックボード用6ピンコネクタケーブルなど挿せようものか。
数分悩んだ挙句、ケーブル類が纏められている結束を切り、自分で再び纏めなおすという手段に。
DSCF0620.jpgDSCF0622.jpg
それでもかなりギリギリ(笑)。本当に大丈夫かな、と不安になりながらも一応差し込むことには成功。
しかしまあ……ケーブルが根元から折れ曲がったなぁ……(汗
ちなみにこれ、本当にここに差し込むものなのか判らずやっているから性質が悪い。
読者は決してまねをしてはいけない諸行だ。もっと調べてからやるべき。本当に。

さて、これでようやく下準備が整ったことになる。
いやあ長い道のりだった……。
では早速Phoebusを開封してみよう。
DSCF0625.jpg開封して開口一番。「でけぇ」。
サウンドカードの実物を見たのはこれがはじめて、と言うのも確かにある。
それにしたってポータブル音楽プレイヤーがアレほどまでに小型化しているのにこの差は何なんだろうな、と考えてしまわないでもない。
画像上が本体とコントロールボックス。
このコントロールボックス、Nyan氏曰く仮面ライダーの変身機器らしい。ふむ、確かに。もっと良いデザインがあったのではないかと思ってしまうほど恥ずかしいデザインだ。嫌いじゃないわ。
グラフィックボード用6ピンコネクタケーブルも同梱されているが、ちょっとどうやって使うのか判らない形状だったため(無知)、私はマザーボードに付属したケーブルを使っている。
それにしても本当に無計画だなぁ(笑

DSCF0626.jpg大きさを比較してみる。
左から、Steelsries Sensei、Razer Mamba2012、Phoebus、コントロールボックス。
こう見ると本当にデカイ。何が詰まっているのか不思議に思えるほどだ。
なお、画像右上にある黒い箱みたいなのがSony PHA-1だ。これはポータブルヘッドフォンアンプと呼ばれるもので、サウンドカード同様サウンドデバイスなのだがこの大きさの差が笑えてしまう。
これでも十分な音質なのだからさらに。



Phoebusの基盤はシールドで覆われており、その独特のフォルムを作り上げている。
有名なCreativeのPCIe Sound Blaster Zシリーズも独特だが、こちらも負けてはいない。
特に基盤すべてがシールドできてないところとか(笑

DSCF0629.jpg
接続し、駆動した状態。
Xonar Phoebusの文字が青く発光する。
なお、この発光色はゲイン機能を使用すると青から赤へと変化する。私の環境下ではゲインの必要はないため青のままだ。

ここでようやくドライバーをインストールする。
なお、同梱されている初期ドライバーはBF3などゲームが中断してしまう不具合が多発するようなので、最新版を公式HPなどからダウンロードすることを強くお勧めする。

adadfadfa.jpgこちらがPhoebusの設定画面。正直なところ、使い勝手はそこまで良くはない。
話によるとCreative社のドライバユーティリティのほうが使い勝手は上だとか。
DTS ULTRA PCⅡやDolby PCEEv4などのサラウンド規格も搭載されており、各種設定もここで行える。
ただし、Dolby PCEEv4については別枠でユーティリティが起動し、詳細な設定を行える。
それについては下の画像を参照のこと。
qaskafa.jpgDolby PCEEv4ではイコライザーなどを設定することが出来、プロファイルを組むことも可能。
日本語設定もあるものの、大抵が英語で表記されており、どんな設定であるか理解できない部分も多々あるため要注意だ。
実際私もすべての設定を理解しているわけではないので、ここでは設定について詳しく述べることは出来ない。


さて、肝心の音質だが。
やはりオンボードなどとは比べ物にならない音を出してくれる。
SN比は118dBとまずまずと言ったところで、アナログ性能を重要視していないカードであるため、音楽再生においては流石にCreative社のZxシリーズには劣るかと思われるが、ゲームにおいてはその限りではない。
特にFPSではその真価を遺憾なく発揮してくれる。聞こえすぎて動けなくなってしまうほどだ。
イコライザーで音傾向はいじれてしまうので大した問題ではないのだが、やはりどちらかと言えばドンシャリ寄りだろうか。
個人的には低音がガンガンなる感じのが好みなので、バスを上げて使用しているが、十分な量が出ていると感じる。
ただし、BassEnhancementを上げすぎると不自然に音量がブレるのは通常のバス増幅機能と変わりないため注意したい。
また、RCA入出力、XLR入出力、同軸デジタル入出力、が無いため、やはりヘッドホンに特化していると言うべきだろう。
光デジタル出力もあるが、ミニプラグのため汎用性は低い。
徹底した割り切りが見られるが、PCサウンドにどこまで求めるのか、という点を考えると割りと問題は無いと思っている。と言うより在っても使い道がわからないだけだが(笑

現状サウンドカードと言えばCreative社がほとんどのシェアを握っているのも相まって、7.1chに対応した機種は数少なくなってしまった(Creativeは7.1ch対応の製品を現在5.1chまでの製品に切り替えを行っている)。
そんな中、7.1chに対応しているという最新機種系列では異端の存在とも言える本機。


Razer Tiamat 7.1にも対応し、個人的には大満足の音だが、私の環境下ではひとつ問題が生じてしまった。
マイクにノイズが乗ってしまうのだ。
これはノイズキャンセル機能がついているコントロールボックスを通しても発生し、Skype通話においてはピーという音が立て続けになっていると友人から言われてしまった。
これは恐らく、PC内部の音を拾ってしまっているのだろうが、折角の予備電源によるノイズ対策もこれでは意味をなさないのではないか、と思ってしまう。
とは言え、マイクノイズについてのネット上の情報は無く、どうやらめったに起こるものではないのかもしれない。
USBマイクを使うことでこの問題はある程度解決できたが、配線を少なくしたいという理由も少しばかりあったので、やはり残念で仕方ない。


サウンドカードに2万円を出せるか、と言われるとどうしても高い買い物であると言わざるを得ない。
少なくともPCにしか使用できないこれは、費用対効果が高い品であるとはお世辞にもいえないのだ。
手っ取り早く音を良くしたいのならばUSBDACなどを用意すればいいし、マイクミックスにも使えない本機の活用法は限られてしまう。
しかし、それを活用できると感じた読者はきっとこの製品に満足できるかと思う。


あと、買う前にちゃんと調べてから……本当に後悔するので。

2013/08/25 22:14 | PC/パーツ機器COMMENTTRACKBACK  TOP

新PC 周辺機器編

DSCF0a608.jpg


いては周辺機器編。

DSCF0608.jpgDSCF0598.jpgまずはディスプレイ。
こちらはiiyama製G2773HS ProLite。
G-tuneでPCと同時に購入。リフレッシュレート120Hzを超える144hzを実現したASUSTeK Computer『VG278HE』のマウスコンピュータ社製版。といってもリネーム品ではなくオリジナル品。
ちなみに、多少ASUSのものより安価ではあるものの、値段相応で入力系統も少なく、3D VISIONにも対応していない点注意したい。
個人的に3Dは必要ないと思っているので(3D眼鏡は眼鏡使用者には億劫なのだ)、そこらへんは価値観の違いが出そうだ。
何でもついててほしいと思う人だと物足りないかもしれない。
発色についてはとりあえず文句はない。どちらかといえば明るめ暖かめの色。
リフレッシュレートについては今まで120hzを使っていた身としてみれば、違いが判らず残念ながら144hzを選んだ甲斐があったとはお世辞にもいえないのは残念だ。
それもそのはず、60hzから120hzに移ったときですら、変わったなーとは思ったが、それは劇的なものというよりは『気づける範囲』程度の感想だったのだからしょうがない。
個人差はあるとは思うが、144hzである必要は今のところないかもしれない。
デザインについても特にこれといって良い所があるわけではない。
何よりGtune購入時にほかのところからディスプレイを買うのが面倒くさかったからということが事の真実だったりする(笑

DSCF0597.jpg次にキーボード。今回購入したのは東プレ製REALFORCE 91UDK-G(画像左下)。キーボードの中でもその名前は一際高みの存在として認知されているREALFORCE。そのREALFORCEのテンキー無し版。
REALFORCEといえば何といっても静電容量無接点方式によるそのキータッチの心地よさ。
ずっとタイプしていたくなるようなキータッチ、とは有名な話だ。
実のところ静電容量無接点方式のキーボードは二代目。一代目は画像右下のPFU社製『HHKB Professional2 PD-KB400BN』。
仕事の際は便利なのだがどうにも私生活には使いにくく、ファンクションキーはおろか十字キーすらもないため、今回REALFORCEを購入することに。
モデル的にはゲーミング用だからか、キートップのWSADの色違いが入っており交換することが出来た。
サイズは今となっては普通かなと思うものの、フルサイズキーボードを触ったことがなかったので届いて数日はそのサイズの大きさにびっくりした。
テンキー無しでAlienwareM17xの横幅とほぼ同じなのだから私の驚きも判っていただけるかと思う。
HHKBと比べると少し軽い印象で、カタカタという尤もらしい音と、よりキーボードらしいキータッチという印象。HHKBのコトコトという小気味良い音と、キッチリしたキータッチとは少し趣が異なる。どちらかといえば私はHHKBの方が好みだ。
しかし打鍵感のよさはほかを圧倒するといっても過言ではない。一度静電容量無接点方式のキーボードを触ると二度と普通のキーボードには戻れないと思う。もちろん個人差はあるだろうが。


DSCF0610.jpg続いてスピーカー。
忘れてはいけないことなのだが――私はノートPCであった時間のほうが長かったためPC購入の際スピーカーの存在を忘れて購入せず、あとから気づいてあわてて電気屋に駆け込んだ(笑
紆余曲折あったものの、低価格でも評価の高いFOSTEX製のPM0.3を購入。PC購入からいったん時間を置いてからの購入だったために良い買い物をしたと心から言えるスピーカーであった。
そもそも私は音には結構五月蝿く、特にポータブル機器には目がない。高級イヤホン・PHPAなどを好んで買い揃えるほどなのだが(とは言えにわかであることに変わりはない)、そんな私でもPCサウンドでここまで良い音が出せるものかと思ってしまうほどの出来で非常に満足している。
DSCF0613.jpgまた、このときはまだサウンドカードを導入しておらず、オンボードでの音供給はとてもじゃないが許せなかったので、本来はPHPAであるSONY製PHA-1をUSBDACとして間に噛ませていることを一応記しておく。オンボードでの音質は正直言って保障できない。(試してすらいない)
PHA-1をかませていることを前提とした音傾向だが、特に感じたのはこの大きさで大迫力の低音が出るということだ。サブウーファーもなしにここまで低音が出るかと恐れ入る。
恐らくPHA-1が多少低音よりの音作りになっているのも起因しているとは思うが、それでもこの音はすばらしい。いくらAlienwareM17xがKlipshと共同製作したサウンドデバイスを搭載していたとしても、所詮ノートPCのそれとは訳が違う。
値段も7千円と比較的安価で入手しやすい金額であることを考えると費用対効果は絶大だ。
ちなみに箱はなぜか白色をしているが、中身は黒だ。店頭で購入する際は貼ってある色識別シールをよく確認して購入するべし。
DSCF0612.jpg参考までに入出力を貼っておく。(クリックで拡大画像)
見ても判るとおりLとRの接続はステレオミニプラグケーブル。本格的なものでないかぎりこれは普通のことなのだろうが、どうしてこんなちゃちなポートであの音が?と疑問で仕方がない。
なお、PM0.3に付属するオーディオケーブルは貧弱だと専らの噂で、どうやら初動で最早音が出ないものが存在するらしいので注意が必要だ。
予備のケーブルも予算に入れておいたほうが後々楽かもしれない。



続いてはサウンドカード編です。

2013/08/23 20:23 | PC/パーツ機器COMMENTTRACKBACK  TOP

新PC 本体編

DSCF0a608.jpg

なり以前よりノートPCではなく、デスクトップがほしい!とのたまっていた僕です。

今回夏のボーナス等々、金策が練れたので思い切ってデスクトップを買うことになりました。
うれしいね。

そもそも私はつい5ヶ月前まで実家で暮らしていたために自分の部屋にデスクトップを置くスペースを確保できないという理由からこれを断念せざるを得ませんでした。
で今回、一人暮らしをするようになったので大手を振ってデスクトップに移行できたというわけです。

まあ前置きはこれくらいにして。
早速今回買ったPCについていくつかご紹介という形にしていきますかね。

DSCF0600.jpg 購入したのはマウスコンピュータ社のG-Tuneブランド製ゲーミングデスクトップ。
 『NEXTGEAR-MICRO im540PA2-W7』
 性能は以下の通り。



【 CPU 】インテル(R) Core(TM) i7-4770 プロセッサー
【 メモリ 】16GB メモリ [ 8GB×2 (DDR3 SDRAM PC3-12800)
【 SSD 】250GB Samsung 840
【 HDD1 】1TB 7200rpm
【 VGA 】NVIDIA(R) GeForce(R) GTX Titan /6GB
【 マザーボード 】インテル(R) H87 Expressチップセット
【 ケース 】【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO専用ハイグレードM-ATXケース
【 電源 】1000W 大容量電源 (80PLUS(R) GOLD)






まずは外見から。
ケースはGtune標準マイクロATXですが、巷では評判の高いケースのようで、自作者の中にはケースだけを求める人もいるとかいないとか。
このケースの特徴は何といっても、GTX TITANのLSIにも対応できる大容量の内部スペースとエアフロー効率の良さ。
とは言えこれは受け売りなので、詳しいことは私にもよくわからず。申し訳ない。
フロントにはUSB2.0ポートがふたつ、3.0がひとつ。メモリーカードリーダライタ各種、BDドライブが配置されているのは現行のデスクトップであれば基本。
しかし、前面にこれでもかと陣取ったメッシュカバーの裏には大型のファンがひとつと、小型のがひとつ。たいていのマイクロATXは前面が覆われてしまうが、これほどまで冷却性に特化したケースも珍しい。
黄色の羽が透けて見えるあたりが特にCool。

DSCF0601.jpgこちらがメッシュカバーをはずした状態。
上の大型ファンは常時回り続けるものの、下のファンは内部温度が上昇した場合のみ駆動する。ちなみに下ファンはどうやらHDDホルダーの位置にある様子。
メッシュカバーはワンタッチで着脱できメンテナンス製に優れるものの、メッシュの穴が比較的大きいので埃などは防げない。
そのため、PCショップ等でキメの細かい埃止めを買う必要があるかもしれない。
また、電源スイッチの位置が若干わかりづらく、私はいまだに一発で起動することが出来ていなかったりする(笑
ちなみに電源スイッチはUSBポート下にある4つ並んだ四角のうち左から二番目。どうして端っこにしなかったのか不思議なデザインである。


DSCF0602.jpgこちらがPC内部。
まず最初に目を引くのがGTX TITANの大きさ。
ケース下部と上部にHDDとドライブを分けて配置し、中央に空間を作ることによってやっと収まっているという化け物具合。
GEFORCE GTXの文字は起動時緑に点灯する。
ちなみにこのケース、左側も一部メッシュカバーになっており内部が透けて見えるため、緑に発光するTITANを見ることが出来る。なんとも粋な計らい。(たぶんそんな目的でついているわけではないが…)
意外とスッキリした印象を与えているのがCPUクーラー。簡易水冷クーラーのようだが、詳細は不明。メンテナンスフリーを謳う完全密閉型だそうで。冷却性能のほどは空冷を持っていないので比較できず、とりあえず割愛。
上部にも大型ファンがついており、エアフロー構造としてはかなり満足できる。夏場でも安心してプレイできそう。
ただやはり気になるのは拡張性のなさ。マイクロATX仕様のH87マザーなので仕方ないことだが、GTX TITANを搭載してしまうとPCI-Eがひとつ潰れてしまう、メモリの抜き差しがTITANを抜いてからでないと出来ない、など色々制約がある。HDDすらもまとめられたケーブル類が邪魔で簡単に取り替えることは出来ない。
残念ながら拡張性については諦めなければなさそうだ。
主にTITANのせいで。


次は気になる性能。
無題
3DMark 11のスコアはP12042。かなり高いスコアが出ている。ただ、気になったのは4Gamerの示したスコアよりも800ほど低いということ。
これについてはCPU性能の差が大きいと見ていいのだろう。Core(TM) i7-4770ではやはりボトルネックになってしまうということかもしれない。
しかしながら3DMark 11の示すハイエンドゲーミングPCの基準値を僅かながらでも上回ったことに安堵した。
無題444]jpg
ちなみに、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編』では19709というスコアになった。
設定は画像の通り。最高設定でも非常に快適とのことなので、こちらも安堵。というかこの構成で快適じゃなかったら逆に怖いのだが……


約24万ほどの価格でこれだけの性能のPCを手に入れられる時代になってしまったというのが素直な感想。
とにかく満足のいくPCを手にれられたので良かった。これで冬のBF4が捗る。

さて、次はPC周辺機器の紹介を。

2013/08/23 14:47 | 雑記COMMENTTRACKBACK  TOP

Re;

度のことなんで言わなくていいです?

そんな弱腰のSpisです。

最近物凄い速さで夏が来てます。暦上は確かに5月から夏なのですが、私的感覚では8月が夏だな~なんて。そう思っている方も少なくないはず。

なんたって夏休みですからね!

私は社会人ですのでそんなものは無い――と思います。

皆様はこの夏をどう乗り切る算段でしょうか。


閑話休題。



エロゲレビューもだいぶ滞り、最近の私の動向についてまるで不鮮明なのは別にリアルが充実していたからというわけではな――いえ、充実した2ヶ月間でした。

ここでまた非リア充に戻ったことでアンダーグラウンドに帰って来た訳です。

私は帰ってきた!

この2ヶ月間、更新しよう更新しようと思って貯めに貯めた材料もあります。

そんなわけでまた、私の戯言にお付き合いいただけると幸いです。


皆様にとって有益なる情報があらんことを

2013/08/22 23:11 | にゅーすCOMMENTTRACKBACK  TOP

Razer Tiamat7.1 レビュー

2013011704275039d.jpg

々から欲しいと思って止まなかったサラウンド環境。実家では色々制限もあり、実装は難しいだろうなと考えていましたが――
一人暮らしならばそんな制約も無い!と言うわけで7.1chサラウンド環境を整えました。

購入したのはPCゲーマーなら殆どその名を知らぬものは居ないであろうRazer社から発売された『Razer Tiamat7.1(以下Tiamat)』。
7.1chサラウンドヘッドホンと聞くと、SONYのMDR-DS7100がメジャー(と言うより現状7.1chはMDR-DS7100とゼンハイザーのPC 323Dのみのようだが)だが――あちらとは最早根本から異なっているヘッドホンであるともいえる本機。
なんと言ってもTiamatが異彩を放っている理由――それは『リアル7.1ch』であるということ。
MDR-DS7100は言わずもがなバーチャルサラウンドなので、流石に音の距離、定位などはソフト処理によりけり……勿論利点はいくつもあるが、私のようなFPSプレイヤーにとってはあまり要らない利点。
Tiamatには10機ものネオジムドライバが搭載されているため、その定位の良さは最早想像に難くないだろう。
しかし、ことリアル7.1chである本機にとってやはり一番のネックとなるのはやはり接続方法。
MDR-DS7100は専用のサウンドデコーダを同梱しているため容易に接続が可能だが、Tiamatは『 7.1ch サラウンドサウンド出力可能なサウンド機能』つまり、フロントスピーカー、センター/サブウーファー、リアスピーカー、サイドスピーカーの計4つの出力端子を持ったマザーボードおよびサウンドカードが必要(かなり端折っているが)となり、それを搭載しているPCはかなり限られてしまう。そのため、本機を導入するにはそれ相応の機材もまた同時に用意する必要が出てくるかもしれない、ということで、その点はやはり敷居が高いと思われている所以だろう。

DSCF0542.jpgところで、私のメインPCはノートパソコンであるという話は幾度となくしたことだろうと思う。
感の良い、というよりはパソコンにそれなりに詳しく、先ほどの私の説明をある程度真面目に読んでいた読者なら、察したことだろう。
そう、私の環境では『Razer Tiamat7.1』を単体で導入することは不可能なのだ。
ノートPCでは恐らくどんな高額なものでも7.1chを3.5mm オーディオジャックで出力できるものは依然として存在しないだろう。それもそうだ、コンパクトに抑え、移動を主としたPCとして設計されているはずのノートPCにそれほど多くの出力端子が備えられるはずが無い。
だとすればどうやってRazer Tiamat7.1を導入するか?
切り口はHDMI端子だ。
映像出力用端子/高画質の代名詞として今や名高いHDMIだが、実のところこいつには音声も同時に出力できる機能があることは、HDMI搭載テレビなどを所有している方なら理解していることだろう。
だが、7.1chの音声を転送できるという事実まで知っているユーザーは少ないのではなかろうか。
私の使っている『DELL AlienwareM17x R4』はHDMI入出力を備えているため、7.1chの音声をデジタル出力できる能力がある。
とはいえ、だ。たとえHDMIで出力できたとしてもTiamat側にはそれを受ける術が無い。更に言えばHDMIはデジタル出力であり、単体でのデコード能力が無いためにアナログ変換できず、間に何かを噛ませる必要がある。勿論、それはサウンドデコーダーで代用できるわけだが、肝心の音質の調整は困難となるために単純に導入だけ考えるならば良いのだが私の場合はNG。
となると……
TXNRこいつを用意するしかない!
と言うわけで導入したのがONKYOより発売の『TX-NR717(以下717)』。俗に言うAVアンプと言う代物。
この717には様々な能力が備わっており、7.1ch出力は元よりイコライザー等、音質に関しても同価格帯のAVアンプであれば文句なし。
まあとは言え、アウトレット品でも5万したのでTiamat導入のためだけに717を噛ませるのは、よほどのことが無ければオススメできない一品ではある。
金額だけの価値はある、と私は思っているのだが一般向けではないし、これを評価できるほど私がAVアンプに明るくないと言うことでここでは717の性能やレビューについては割愛させていただく。
一応Tiamat使用時のリスニングモードはTHX Gamesに設定してある。色々試してみたところ、音質を犠牲にせず尚且つFPSでの音の拾いが良いモードだと個人的に思っている。参考までに。

さて……漸くTiamatについての評価に入れるわけだが――
Tiamatの音質やFPSでの使用感などは既に先人のレビュアーたちがしているはずなので、想像以上の良さであることは理解されているだろう。かくいう私も2chのイヤホンでゲームをプレイしていた口だが、Tiamatを導入して世界が変わったと実感できたのだから、その凄さも伝わってくれると思う。
ただやはり費用対効果は悪いと言わざるを得ないことは述べておかなければならないだろう。
これはTiamatに限った話ではないのだが――TiamatはRazerが掲げる名目通りFPSに特化した仕様となっている。これについては文句なしの出来栄えではあるが、それ故に音楽リスニング用にはまったくもって使えない。勿論イコライザー次第ではそれなりの音は出せるのだが、3~4000円も出せば断然良い音を出してくれるヘッドホンが腐るほどある。その3~4000円のヘッドホンで本当にFPSが出来ないかと言われればNOだ。更に、友達と通話をしながらプレイだとか、そういうった用途も含んでしまうFPSというチームワークを重視するジャンルにおいては音が重なってしまい、本領を発揮することが出来ない場合も多い。
と、薀蓄を垂れてしまったが……何を言いたいかというと過度な期待は禁物だと言うこと。

ではお待ちかね、音質・付け心地についてだ。
FPS用ヘッドセットではお馴染みの高音多目の本機。これはFPSにおける足音だとか銃声だとかが高音に多く分布していることによるのだが、なんと言うか出すぎである。
量が出ているのではなく、中音・低音があまりにも出ていないということに起因していると思われる。
耳を劈くような高音は耳障りに思えてしまってならないが、実際イコライザー等で弄ってやると意外なほど中音・低音も出ることを見ると、持っているポテンシャルは悪くない。イコライザーでの調整は必須である。先も述べたが、イコライザーなど音傾向を調整することの出来ないサウンドデコーダー等ではやはり100%の能力を引き出せないヘッドホンであると言える。
音の定位については素晴らしいの一言。やはりサラウンドヘッドホンの宿命であるリアが聞き取り難いというのは本機も似たり寄ったりだが、頭一つ抜けている感はある。
斜めについては思っていた以上に聞き取れる。流石リアル7.1chサラウンドといったところだ。2.1chではどうしても聞き取れないところを詳細に取り出してくれる。
距離感については、やはりヘッドホンであるために判り難いのは否めない。これについては慣れで何とかなるところだが……出来ればもう少し頑張って欲しかったと思ってしまう部分ではある。あくまで及第点は超えていると言うことだけはお伝えしておこう。
Tiamatで一番残念なのはやはりマイクだろう。このマイク、ノイズキャンセリング機能付きと中々良さそうに見えるが実際は酷いの一言。100円均一で買えるようなマイクの音質と言ってしまってもいいほどの代物だ。
マイクはヘッドホン内部に収納でき、使わなければ隠しておけるので別口でマイクを用意できるのであれば是非そうするべきだろう。
本機の重量は思ったより重くない。正確に測ったわけではないが、所有しているATH-Pro700よりは軽いと感じる。サラウンドヘッドホンとしては軽い部類ではなかろうか(7.1chなので尚更だ)。
イヤーパッドの稼動範囲が意外に狭く、ヘッドバンドの広がりも悪いので取り回しは良くないように思える。耳が大きい人/頭が大きい人などは装着が困難になるかもしれない。私は頭が小さいのでなんともいえないが……
そんな私にとって装着感はまずまずといったところ。イヤーパッドが柔らかく深い為そこそこの時間では痛みを感じない。しかし、眼鏡プレイヤーの私には長時間の使用は堪えた。耳の裏が眼鏡によって圧迫されてしまい痛くなってくるのだ。これは眼鏡側にも問題があったのだが、やはり眼鏡の方は注意してもらいたい。

と言うわけで長々とTiamatについて説明してきたが、総合的に見て『FPSを本気でプレイしたい』というプレイヤーには非常にオススメのヘッドホンだ。
楽しんでプレイしたいレベルだったり、音楽を聞くために別のヘッドホンを用意するなんて面倒だとか思ってしまうのであれば止めるべきだ。残念ながら導入も楽ではない本機である。苦労とお金に見合っただけの結果が得られるとは限らない『サウンドデバイス』だ。慎重に選んでもらいたい。
実際、私にはどうにも結果に結びつくようなものではなかったようで、高い満足感は得られたもののゲームの成績は大して変わりなかった。
何だか否定的になってしまったが、本機の能力はかなりの物だ。実際にFPSでプレイしてみた感想としては「そこまで聞こえるか!」と唸ってしまったほど。本当に上手い人がこれを使っていたら無駄に足音を立てられないなーなんて思ってしまった。
実力はあって、それこそガチにFPSをやりたい……あと音が良く聞こえれば勝てるのに!という場面が多く、それを改善する努力とお金を惜しまない貴方には、オススメだ。

2013/04/06 03:35 | PC技術COMMENTTRACKBACK  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»

Profile

【ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~】2012年10月26日発売予定!!

■Author:Spis

下っ端デザイナーA。
エロゲーをこよなく愛す変態絵描き。
一人称がころころ変わりますが、
基本的にノリです。
mail
カウンター

Support

■SilverBullet様

SB

■Jellyfish様

JF

■Purple software様

Purple

■ALcot様

ALcot

■feng様

『あかね色に染まる坂』応援バナー

■ゆずソフト様

Yuzu

■ふぐり屋様

HUGURI

■Light様

Light

■ぶらんくのーと様

ぶらんくのーと

■Lass様

Lass

■ハイクオソフト様

ハイクオ

Recommend



しろのぴかぴかお星さま応援中! 『LOVESICK PUPPIES』を応援しています! 【向日葵の教会と長い夏休み】応援中! さくらさくらFESTIVAL! 『レミニセンス』応援中です! 「流星☆キセキ -Shooting probe-」情報公開中! 『月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.』|EX-ONE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。